公益社団法人 日本水環境学会
生物膜法

生物膜法研究委員会

●活動の目的と概要

 本研究委員会においては,流域保全再生のために,生物膜法を広義の意味としてとらえ,環境低負荷資源循環型省エネルギー高度化システム構築を目途として,震災地域も視野に入れた公共の閉鎖性水域,河川等に流入する汚濁負荷源の生活系,産業系等に由来する高濃度排水,生ゴミディスポーザ排水,低濃度汚濁水を処理対象とし,自然再生可能エネルギー利用も踏まえた高度・効率化を目指したコベネフィット型の生物膜技法を導入応用した技術開発評価と効果解析・普及促進に向けて推進している.同時に,アジア地域をはじめとする中国・ベトナム等および国内外を対象として,電力削減型で,窒素・リン除去型で,更には派生汚泥の資源化循環リサイクル可能型の流域保全再生健全化に貢献できる高度化生物膜技法を,国際的な環境再生保全に貢献できるようにすること目的として活動している.

 すなわち,水環境保全再生において,生物処理工学としての微生物を活用した微生物固定化,包括固定化,自己造粒法等の重要な技法の省エネ・温室効果ガス削減のバイオエンジニアリング,更に生態工学技法としての植生浄化,土壌浄化等による緩衝帯技術導入による水域の水質向上を目途としたエコエンジニアリング,とこれらの組み合わせ技法のバイオエコシステムの広義の生物膜法システムを研究開発・評価対象とし,バイオエコシステムの国内外展開を目的として基礎的応用的観点に立って,実施・推進するものである.

●シンポジウムでのセッション開催状況

第20回(2017)有機性排水処理における自動制御システム導入による高度処理電力削減WIN-WIN国際化(予定)

第19回(2016)アジア地域等の水環境改善研究強化とアフォーダブル技術導入システム展開戦略

第18回(2015)生態系健全化のための環境保全再生対策研究の国際戦略

第17回(2014)水処理の高度化と派生バイオマスリサイクルのコベネフィット型技法の推進方策

第16回(2013)バイオエコシステムを活用した環境再生

第15回(2012)生物物理化学的放射能除染等の新技術開発と評価」

第14回(2011)環境保全再生を目途とした自然再生可能エネルギー統括用システム技術

第13回(2010)生物膜法を活用した特定生物優占化等高度処理システム技術

●入会方法と連絡先

個人会員の方は会員専用ページから入会申込が出来ます.
個人会員以外の方は幹事(事務局)までご連絡ください.

委員長
稲森 悠平
公益財団法人国際科学振興財団バイオエコ技術開発研究所
〒305-0821 つくば市春日3-24-16
Tel:029-858-1080 Fax:029-860-3336
E-mail:y_inamori@fais.or.jp(メール送付の際には@を半角としてください)
            inamori514@gmail.com(メール送付の際には@を半角としてください)
幹事(事務局)
徐 開欽
国立研究開発法人国立環境研究所資源循環・廃棄物研究センター
〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2
Tel:029-850-2339 Fax:029-850-2560
E-mail:joexu@nies.go.jp(メール送付の際には@を半角としてください)

●活動報告

TOP